ポリシー追加機能を使用すると、ユーザはSecureAPlusのインストール用に事前定義されたポリシーに加えて、カスタマイズされたポリシー設定を実装できます。 この機能は、組織内のさまざまなユーザグループ間で、複数のデバイス管理を行うのに役立ち、家庭内で複数のPCをペアレンタルコントロールするのと同じくらい便利です。

ポリシーの追加機能は、SecureAPlus Premiumのライセンス購入でのみ行えます。

ポリシーはSecureAPlusポータルから管理されるため、この機能を利用するにはSecureAPlusポータルのアカウントが必要です。これにより、SecureAPlusプレミアムユーザは、SecureAPlusのインストールに利用可能なインターネット接続があれば、デバイスに適用されるポリシーを遠隔管理することもできます。

SecureAPlusポリシー機能を使用するには、次の2つの手順が必要です:

ポリシーの作成

SecureAPlus ポータルを使って、ポリシーを作成できます。 アカウントに作成できるポリシーの数に制限はありません。 SecureAPlusポリシーは、通常、クライアント側から直接設定できるようになっています。 異なるポリシーを作成するにあたり、異なるSecureAPlusポリシーの設定を1つ以上のインストールに対して遠隔でオンザフライ実行することができます。

SecureAPlusポリシーの作成方法 

ポリシーの割り当て

SecureAPlusポリシーを作成後、ポリシー追加機能でSecureAPlus Premiumのインストール時に実装できます。 一度にアクティブ化できるポリシーは1つのみで、新しいポリシーを割り当てる際は、適用されるまでに約5分かかります。

SecureAPlusポリシーの割り当て方法 

SecureAPlusポータルアカウントにデバイスを追加する方法 

This post is also available in: 英語