一般的的にMicrosoft Windows 10のクリーンインストールは、別バージョンからのアップグレードよりも良好とされています。SecureAgeテクノロジーは、より良いPCセキュリティ環境を設定するため、Windows 10のクリーンインストールをお勧めいたします。

クリーンインストールがSecureAPlusユーザにとって、実行可能な選択肢ではない場合、ダイレクトアップグレードオプションはSecureAPlusによってサポートされますが、Windows 10へWindows 7/ Windows 8/ Windows 8.1からアップグレードするときに次の点に注意していただく必要があります。

SecureAPlusを使用しながら安全にWindows 10にアップグレードする方法

SecureAPlusアンインストール

ユーザは、正常にWindows 10へのアップグレードを終了した後、頻繁にアプリケーションホワイトリストからプロンプトを受ける可能性があります。これは、まだSecureAPlusによって信頼されていない、新しいOSに対応するための変化に起因するものです。

これを避けるために、Windows 10 を導入予定のPCから一時的にSecureAPlusをアンインストールすることをお勧めいたします。

SecureAPlusのアンインストールについてはこちら

Windows 10 アップグレードを開始

SecureAPlusのアンインストールが完了し、再起動後、Windows 10へのOSアップグレードを開始してください。

Windows 10にSecureAPlusを再インストール

Windows 10 にアップグレード後、すぐにSecureAPlusを再インストールすることをお勧めします。

SecureAPlusインストーラをダウンロード&起動して、インストールの指示に従います。インストールが行われると、SecureAPlusフルシステムスキャンを行い、アプリケーションホワイトリストを整えます。

初期フルシステムスキャンとは何ですか ?

SecureAPlusをアンインストールせずにWindows 10へアップグレードしてしまった場合

新しいWindows 10 OSを起動するとすぐに、SecureAPlusは、アップグレードプロセスによって絶えず追加/変更されている信頼されないファイルのプロンプトを開始します。通常ユニバーサルAVやVirus Total の診断は、いずれもクリーンで安全であり、ブロックせずに信頼すべきとの分類をするでしょう。この動作は、Windows 10へのアップグレード後、何度も持続的に行われることになります。

これに悩まされているユーザは、一時的にSecureAPlusをアンインストールしてから再インストールすることを選択できます。これにより、また初期ホワイトリストのプロセスを開始することになりますが、Windows 10に関する変更すべてはホワイトリストに含まれることになるので、頻繁なプロンプトを防止できることになります。

This post is also available in: 英語