SecureAPlusは、コンピュータ上で検出された脅威を診断するためにユニバーサルAVオフラインAVを使用しています。ファイルがユニバーサルAVまたはオフラインのAVによって検出されたが、これは有害なファイルではないと確信がある場合は、偽陽性としてそれを報告することができます。

偽陽性を報告する準備をする

アプリケーションホワイトリストユニバーサルAV、およびオフラインAVプロンプト表示で、プロンプト上で検出されたファイルのファイルアドレスをクリックすると、偽陽性の報告をしたいファイルを表示するエクスプローラウィンドウが開きます。

ファイルを送信するための準備として、ファイルサイズを減らして複数のファイルをまとめて送信できるように、Eメールに添付する際、.ZIP、.RAR、または .7-Zipアーカイブ/コンテナを使用して圧縮します。

Windows Compress File

  1. Windowsは、ファイルを圧縮する機能が組み込まれています。
  2. ファイルを左クリックして選択します。
  3. 右クリックして、送信するを選択します。
  4. 圧縮(zip形式)フォルダを選択すれば、ファイルが同じ場所内で圧縮されます。

この圧縮されたファイルを、偽陽性の報告に使ってください。

SecureAPlusサポートチームに偽陽性を提出する

メールに偽陽性報告ファイルを添付し、以下のメールアドレスに送信してください:

secureaplus@secureage.com

Eメールの件名を「偽陽性の報告」として、できるだけ以下の詳細も一緒にご送信ください:

  • ソフトウェアおよびバージョン名(例:Microsoft Office 2010プロフェッショナル版)
  • ユニバーサルAVまたはオフラインAVによって検出されたウイルス名
  • ウイルスとして検出したエンジン(複数可)
  • ファイルのURLダウンロードリンク(該当する場合)
  • 偽陽性だと思う簡単な説明

偽陽性の報告をしていただいてから、結果がでるまでしばらく時間がかかります。 適切にファイルを診断できるように、できるだけ多くの情報を提供していただけますようお願い申し上げます。

This post is also available in: 英語