スキャンから特定のフォルダやファイルを除外するには、以下の指示に従ってください:

フォルダやファイルを除外の対象に追加する

  1. SecureAPlusを起動し「アプリケーション設定」を選択します。

Main-Console-Setting

  1. アプリケーション設定のメニュで「スキャン設定」をクリックし、「除外」タブを選択します。

Getting-to-Exclusions

  1. 追加する」ボタンをクリックします。

Add-Files-to-Exclude

  1. スキャンから除外対象にするフォルダやファイルを選択し、「選択する」をクリックします。

Select-Folder-or-File-to-Exclude

  1. スキャンの除外対象となるフォルダやファイルが新しく追加され、除外リストに表示されます。

Displayed-Under-List-of-Exclusions

フォルダやファイルを除外リストから消去する

  1. 除外対象のフォルダやファイルのリスト内で、消去するフォルダやリストにチェックマークを入れます。「消去する」ボタンをクリックします。選択されたフォルダやファイルは除外対象のリストから消去されスキャンの対象になります。

Remove-Files-from-Exclusion

リアルタイムスキャン中のファイル除外

SecureAPlusは検出された脅威がある場合、プロンプト表示を行います。それが脅威でないことが確実なら、「永久に無視する」をクリックします。こうすると、リアルタイムスキャンから除外される除外リストにそのファイルが入ります。除外リストに入ると、そのファイルに対してプロンプト表示されることがなくなります。

同じファイルを再度プロンプト表示する場合は、手動で除外リストから消去する必要があります。

This post is also available in: 英語