SecureAPlusアプリケーションホワイトリストは、すべてのアプリケーションおよび実行可能ファイルへ信頼レベルをタグ付けします。そうすることによって、信頼されないアプリケーションは実行されず、マシンにダメージを与える不正なマルウェアを最小限に抑えることができます。

ファイルの信頼レベルを設定する様々な方法があります。次の手順に従って行ってください:

  1. ファイルがあるWindowsファイルエクスプローラを開いてください。そのファイルを右クリックして、信頼レベルを選択してください。表示されたメニューで、チェックマークは、ファイルの信頼レベルを示しています。信頼レベルを変更するには、選びたい信頼レベルにチェックマークを入れます。

Manually-Trust-Select

信頼レベルについってもっと情報をみる

  1. 別の方法として、フォルダ内のすべてのファイルの信頼レベルを設定することができます。フォルダを右クリックして信頼レベルを選択してください。 表示されたメニューから選びたい信頼レベルにチェックマークをいれます。

Manually-Trust_Set-Folder-Trust-Level

  1. またSecureAPlusホワイトリストマネージャでファイルの信頼レベルを設定することもできます。 フォルダを右クリックして、すべての信頼レベルを表示するにカーソルを合わせます。 SecureAPlusホワイトリストマネージャのウィンドウが表示されます。信頼レベルのコラム上でファイルの信頼レベルを選択します。

Trust-Level-Folder

Manually-Trust_Check-Folder-Trust-Level

This post is also available in: 英語